FC2ブログ

こてつのブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しく書いていませんでした。

今年はこの円高ではなかなか厳しかったですね。

選挙ももうすぐ始まるし少し空気変わるかな。

http://koko.p2.bindsite.jp/

  1. 2012/11/28(水) 14:51:03|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TTP

日本はTTPの参加表明はしたが、

参加は必要なのか??

米国の狙いは何か??


農業

36万tものカリフォルニア米を日本は輸入している。


WTOの決め事で、日本はコメに高関税をかけるかわりに、毎年、77万tの「ミニマ


ム・アクセス米」を輸入し、半分近くを、アメリカ米が占めている。 


米国にとって農業は左程うまみはない。


関税の撤廃で日本の輸出が伸びる


オバマ政権が中間選挙に負け、金融政策でドル安を維持するしか景気刺激策はな


くなった。これからもドル安円高誘導政策は続く自動車 2・5%、テレビ 5%を


10年でなくす。対米輸出を増やすことは難しいだろう。


米国にとって 2.5% ~ 5% ドル安に誘導は可能 


金融  


金融を含むサービス輸出と投資促進によって景気浮揚と雇用増加を達成する


ために郵政の簡保は市場を開放投資の対象として医療は民営化


要求し、政府事業へのアメリカ企業の投資が容易になり、これらの分野でト


ラブルを処理するアメリカ人弁護士の活動が予想される。


この分野が狙い。



結局 ドル安、誘導安い物が日本に入るとなると 更なる デフレ になることは分



かる。



更なる デフレ は日本経済にとって大打撃だ。 物の値段が下がる、安い輸入品



を消費者は選ぶだろう。 



「不動産価格の下落は免れない」



現時点でも日本の不動産は割高だ。



日本の地下総額 (GDP約500兆円) バブル期 2100兆円 今 1300兆円   


                                            

アメリカの地価総額(GDP約1500兆円)  サブプライム時   約950兆円 



GDP と 地下総額 のバランスは、ヨーロッパ、アメリカを見てもほぼ同額。



日本の面積はカリフォルニア程度。 日本の土地でアメリカ全土買ってもまだお釣り



がくる。 



これから、日本の人口は減少する事は分かっている。 



割高、 需要減少  更なるデフレ になり 不動産価格下落は避けられない。



日本経済にとっては大打撃だ。





さてどうするのか。。。。。。







訳ありだから安い-特集 



  1. 2011/12/18(日) 19:56:42|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィリピン

先月フィリピンへ行ってきました。




こてつのブログ



2010年任期満了でアロヨ政権(父も大統領)から


アキノ政権と変わり国民も変化を期待していた。


前アロヨ大統領は 汚職、拷問、贈収賄、詐欺


など多くの疑惑が付きまとい2010年6月任期満了後


も権力を維持するため憲法改正を試みる。

(先月11月18日 選挙法違反で逮捕。)


ちなみにアロヨの前の大統領エストラーダも


逮捕され終身刑、その後釈放。


このような政治腐敗の下、国民は現アキノ大統領


に大きな期待を寄せている。(父も大統領)



こてつのブログ




今回は営業でいったというよりも市場調査。


どのバイヤーにも 円高 で 日本からは


買えないのが本音だから。 表敬訪問です。


今はアメリカが、東南アジア、中国、中東


でドル安を利用して日本のマーケット奪って


いるのが現状です。 アメリカ、 ヨーロッパ


の方が安いならそっちから買うのが普通でしょう。 



ドル安は意図的しょう。 


血が流れない 通貨戦争 ですね。




ちなみに フィリピンは、 第二次世界大戦後


1950年代は、 東洋の真珠 と言われ


て、通貨は日本のJPY. よりも信用をえていました。


国連統計では、 フィリピンは 1950年 一人あたり国民所得 

152ドルは   日本よ り  24%も高いものであった


そういえば、祖父はフィリピンバナナは高級で昔は食べれなかった


とか言ってたなぁ。 




フィリピンは東南アジア諸国の中で比較的恵まれた経済条件


のもとでの独立を果たした国であった。


豊かな経営資源とアメリカ向け一次産品輸出


に導かれた投資の拡大によって第2次世界大戦前


にある程度の産業の発展をみせていたし、



東南アジアで は高い経済水準をもっていた.



1958年の為替レート

PHP 1ペソ   約180円

US $ 1ドル    2ペソ


2011 12月17日

PHP  1ペソ  約  1.77円



日本の政治不信もこのまま続けば人事ではない。


私が学生の頃は日本の借金は 650兆円程度


であった。 気がつけば 1000兆円。


これは国民から募ったお金であるから国としては


まだ傷は浅い。 しかし国民はどうでしょうか??


預けた 100万の価値は償還する際  100万の価値


とは限らない。 国が滅ぶ時代に私は絶対に 個人向け


国債は買わないですね。 


インフレが起これば お金の価値は下がります。


今の100万が 5年後同じ価値の100万


など誰もわかりませんよね。 


 











 







  1. 2011/12/18(日) 13:05:35|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輸出流れ 



P/INVOICE   前契約書 請求書 をメールで送る。



入金確認 O.K



BOOKING VESSEL   船予約しましょう。


 

通関 INVOICE (商品名と価格と重量記載) 

SHIPPING INSTRUCTION 乙仲 へ  FAX




乙仲で SHIPPING INSTRUCTION を 基 に


S/O (SHIPPING ORDER) 作成



乙仲は S/O を持って  船会社へ 


船会社に持ち込まれると S/O  → B/L 


(BILL OF LANDING ) (船荷証券) になります。

   


出港したたら




船会社が B/L を 荷主 僕へ




B/L を バイヤーへ FAX します。




B/L を SURRENDERED B/L と 言います。


---------------------------------------------------

INVOICE      請求書



SHIPPING
INSTRUCTION
 船積み依頼書 



S/O  (エス・オー) SHIPPING ORDER 船積み指図書  



B/L (ビー・エル)   BILL OF LANDING )  船荷証券










  1. 2011/12/13(火) 16:09:32|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

支払いは??

支払は簡単です 2通り



輸出ケース


T/T     電子送金        T/T に勝るものはなし      


(ティー・ティー)


大前提として T/T REMITANCE IN ADVANCE   

先入金してからの ~ 商品発送




L/C    荷為替手形     


LETTTER OF CREDIT

(エル・シー)


LCはバイヤーが発行します。それを日本の銀行で受け取ります。



L/Cには必要書類が記載されており、その書類を銀行に持ち込めば



日本の銀行が立て立て替えてくれます。


width="1" height="1" />

-------------------------------------

【無料】英文・英単語をたった10秒であきれるほど覚える方法

余談


例えば

バイヤーの支払 50万     HSBC銀行  

僕のメインバンクが       みずほ銀行



HSBC銀行は、ダイレクトにみずほ銀行に送金しない場合

があります。 その際経由される銀行を  コルレスバンク いいます。


銀行間でも取引がない銀行にはダイレクトに直接振り込みせず

仲のいい銀行を経由して みずほ銀行にふりこまれます。 (人間と同じ)


出来そうな銀行マンがかっこよく使います。 


------------------------------------



厳密には ILLC と言います IREECOVERRABLE LETTER OF CREDIT



直訳:  取り返しのつかない信用状  発行するとキャンセルできません。、


しかしL/Cでも銀行が倒産したり国が崩壊した場合はお金になりません。

   【無料】英文・英単語をたった10秒であきれるほど覚える方法     

      経験はありませんが。。。。

   








  1. 2011/12/13(火) 15:22:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。